正しいお墓の買い方



〜そもそも、なぜお墓を建てるのか。〜">

人が亡くなったらお墓を建てなければならないという法律は世界中どこにもありません。
にもかかわらず、人類は太古の時代からお墓を作り続けてきました。なぜでしょうか。
今から7万年前、ネアンデルタール人が死者に花を手向けていたことが考古学で明らかとなっています。
これがお墓つくりの原点ではないでしょうか。したがってお墓は慣習や習慣で建てるものではなく、人類の証ともいえる死者への哀悼、追憶の心、仏教で言うところの供養の心によって建てる祈りの造形なのです。


〜どういうお墓が良いお墓なのか

こういう形で、こういう色の石で、こういう大きさの墓石がよいお墓だ・・・等というものはありません。お墓には、
『死者を供養し祀る』という意義と『この世に残された人の心の拠り所』としての意義があります。したがって死者の供養をするのにふさわしいたたずまいがあり、死者と生者の語らいの場所、親を思い自分たちの生活の歴史を子供たちに伝えていく場所として、ふさわしいお墓なら、いずれもよいお墓と言えるのではないでしょうか。



〜信頼できる石材店を選ぶこと〜

石材店の仕事は、墓石を建てることだと思われていませんか?それは大きな間違いです。石材店のより重要な仕事は
『墓守』です。なぜなら、お墓は100年の買い物です。代々受け継がれていくものです。売りました、買いました、で済むほかの商品とは、本質的に異なります。厳に気をつけて頂きたいのは、にわかづくりの墓石販売業者やブローカーのような業者です。建立後何年かたって『新仏の戒名彫りを頼もうと思ったら、お店がなかった』 『墓石に間違いが生じ電話したら不通だった』といった苦情が全国の消費者センターに寄せられていますが、ほとんどの場合がこのケースです。従って建てた墓石を保証し、後々まで面倒を見てくれる、信頼できる石材店を選ぶことが何よりも肝心です。



〜よい石材店の選び方〜

お墓は、100年の買い物です。購入後のメンテナンスやサービス、商品に対する責任を明示しているか。格安を売り物にしているお店ではなく、お墓の価値や心の満足を重視しているお店か。地元の人の評判はどうかといった点をチェックされたらよいと思います。また、そのお店が建てた他家のお墓を見せてもらい、出来栄えを確認するのもよいと思います。



〜石の種類〜

現在墓石に使用されている石材のほとんどが御影石(花崗岩)で、その8割以上が輸入材です。そしてその種類は、何百種にも及びます。同じ御影石でも硬度がそれぞれ異なり、一般的には硬い石ほど光沢を出すのに手間がかかりますが、一端磨き上がるとその石の艶は長持ちします。硬度の低い石はその逆です。また水を吸いやすい石と吸いにくい石がありますが、寒冷地などでは水を吸った石が凍って割れることがありますので、避けたほうがよいでしょう。また鉄分を多く含んだ石がありますが、水と融合して錆が出る可能性が高いので避けたほうがよいでしょう。では硬度が最も高く、もっとも水を吸わない石が高い石なのかというと、必ずしもそうではありません。石は天然素材のため、人気があって生産量が少ない石ほど希少価値がついて高額にになります。従って石質が悪いから安い、良いから高いとは、いちがいに言えないということです。これらの石の特質は、一般の方にはわかりません。そこにブローカーやにわか石材店が入り込むチャンスがあり、特売品が出回るわけです。くれぐれも信頼できる石材店で購入されることをお勧めします。

Copyright (C) 2003-2011 有限会社のなか石材  All rights reserved.

〒850-0871 長崎県長崎市麹屋町5-25
TEL 095-824-6571
FAX 095-823-5544